多摩地区一覧

カーエアコン用制御機器で世界シェア2位
株式会社 テージーケー
電気自動車を走らせるモーターに命を灯す“着磁”装置
日本電磁測器株式会社
カメラの検査装置一筋。カメラメーカーに不可欠な検査装置の専門家集団
壺坂電機株式会社
わずか1秒で水を吸収して沈んでいく「1秒タオル」
ホットマン 株式会社
人気のスマホやタブレット端末に使われる機能性フィルムを開発
株式会社 コスモテック
1m超の部品も対応可能。次世代自動車の試作部品を精密加工
株式会社 伊東NC工業
10個以下の注文が8割。他社が撤退したスイッチも顧客のために作り続ける
東京測定器材 株式会社
「押せば通話できる」だけだったナースコールを業務支援システムへと変えた
株式会社 ケアコム
自動車修理の必需品。国内唯一の自動車用油圧式携行ジャッキメーカー
株式会社 マサダ製作所
農業・住宅・土木・自動車など、主に10業種向けにホースを製造
十川産業 株式会社
あの有名ジュエリーブランドの腕時計も、作っているのはこの会社
晃成製作所 有限会社
古から未来まで。工業と文化財の2部門を併せ持つオンリーワンの会社
第一合成 株式会社
「工場と思わなかった」ほどの美しい新工場。大手にも劣らぬ職場環境
株式会社 内野製作所
プラネタリウムを世界中に届けるトップメーカー
株式会社 五藤光学研究所
都内で唯一、200リットル以上の大型滅菌装置を開発・製造・販売・サポート
株式会社 ウドノ医機
文系歓迎・社員はほとんど20代! 宇宙関連部品も扱う精密加工企業
月井精密 株式会社
全国消防操法大会で1位・2位を取った消防車を作り上げた
日本機械工業 株式会社
用途が広がるレーザ装置。開発の相談役を務める専門家集団
ネオアーク 株式会社
血液の成分、日焼け止め化粧品の効果、警察の押収した薬物の中身なども計測
日本分光 株式会社
多次元動電型振動試験装置を世界で一番多く製造
株式会社 振研
パソコンや携帯電話などの精密機器、冷凍・生鮮食品の梱包を設計・加工
株式会社 生出
装置の受託生産から、自社ブランドの福祉用具メーカーへと転身
株式会社 TNK
「NASAが数十分で導入決定」「ライカが認めた」などの逸話が多数
三鷹光器 株式会社
マイクロ波関連技術を用いて「世の中にない製品」を生み出す
マイクロニクス 株式会社
半導体関連を中心に、多品種少量で月間数百件の金属部品加工を手掛ける
株式会社 吉本製作所
大手メーカーに鍛えられ、品質・価格・納期を向上させた薄板金属加工企業
渡邊プレス工業 株式会社
自動車用パイプを自在に曲げ加工。成長が見込める医療用パイプ加工にも着手
武州工業 株式会社
科学技術を支える礎の重要な1ピース、磁気シールドのオンリーワン企業
株式会社オータマ
編み機からキャリアテープ、テーピングマシンと時流を見て新分野を開拓
日本ガーター株式会社
LED光を点から面に変換する技術を編み出し、世界中から注目を集める
株式会社オプトデザイン
最高水準の世界的認証も取得。航空宇宙産業から頼りにされる部品メーカー
株式会社吉増製作所
サブミクロン単位の精度で計測・加工する技術力で人工衛星用の製品も開発
株式会社三鷹精工
生産ラインの自動化に必要な、絶対位置を出力する磁歪式センサーメーカー
エムティエスセンサーテクノロジー株式会社
ごく限られた企業にしか作れない高圧電源を手掛ける
有限会社イワキエンジニアリング
光学技術で最先端の特殊な研究ニーズに応える実験装置メーカー
株式会社フォトサイエンス
顧客との信頼関係を最重視する映像関連機器/デジタルスチルカメラ(デジカメ)開発型メーカー
株式会社ベネテックス
独自技術を過信せず、次代のめっき業を模索する
株式会社特殊鍍金化工所
身近な「困った」に注目して生まれた「溶接屋が作った自動溶接機」
株式会社エイム
「小さくても市場があること」を重視して唯一無二の試験装置メーカーに
株式会社レスカ
含浸技術のパイオニア。世界で唯一、特殊含浸を手掛ける
株式会社プラセラム
世界の最先端技術者から頼られるコイルの試作開発企業
日本ユニバーサル電気株式会社
伝統のめっき業界で世界初の技術を開発
京王電化工業株式会社
半導体製造に必須のオゾン計測・分解・発生装置メーカー
株式会社 アプリクス
技術力と発想力から生み出された自社製品
株式会社 ワイピーシステム
厚さ数ミクロンのフィルムの中に凝縮された技術力
吉野化成 株式会社
環境に優しいめっき加工業として、地域から必要とされる企業へ
株式会社 吉崎メッキ化工所
ひらめきから創造される、誰も見たことのない新製品
株式会社 ミラック光学
設計、加工、仕上げ、何でもこなす試作品のプロ集団
南デザイン 株式会社
少量多品種に特化したトランス製造メーカー
日昭工業 株式会社
光学産業の技術革新で未来に光を
株式会社 東亜理化学研究所
高い技術力と責任感をもって社会を支えるシステムを構築する
株式会社 田原電機製作所
複合的な加工技術が産み出す多種多様な製品の数々
坂西精機 株式会社
独自技術で世界をリードする土木計測のエキスパート
坂田電機 株式会社
目指すのは鋳物産業のIT化
株式会社 栄鋳造所
ニーズに応え続けることで向上していった技術力
株式会社 壽屋
プラスチック加工を幅広くカバーするプロフェッショナル集団
株式会社 クボプラ
顧客の求めるスピードに答える“多能工”によるものづくり
株式会社 小沢製作所
不可能を可能にする超微細ワイヤーカット放電加工
有限会社 オクギ製作所
海産物の陸上養殖までも手掛ける切削精密加工業の異端児
有限会社 アミネックス
科学技術および産業分野で
世界トップクラス
理学メカトロニクス株式会社
ウォータージェット加工専門メーカーとして不動の地位を築き、更に成長する。
株式会社 米山製作所
世界トップクラスの光技術者として大きく飛躍する夢を拓く
山下電装株式会社
プロフェッショナルの集合体によるオーケストラのような会社に
株式会社 メトロール
太陽電池評価装置のパイオニアとして確固たるポジションを築く
分光計器株式会社
それぞれの事業で「プロセス・サポート・エンジニアリング」の拡大を進めている
ニシハラ理工株式会社
新たなブランド価値創造を目指す
株式会社 ナガセ
成形品のコンビニエンスストアを目指す
東新プラスチック株式会社
インパルス試験機のパイオニア
株式会社 電子制御国際
日本の美を、世界の美にするために…
株式会社 ティケイワイプロダクツ
ブランドは、どのようなことにも対応できる技術とそれを証明できる品質保証体制
多摩冶金株式会社
タッチパネルの未来は、世界の未来!
株式会社 タッチパネル研究所
エアナイフは私の幼少の頃の記憶と体験が、原点となって生まれた製品です。
大浩研熱株式会社
分光器(モノクロメータ)、分光放射計などで、光分析と分光領域に革新を起こす。
株式会社 相馬光学
天皇陛下もスタック電子のパワーを実感
スタック電子株式会社
金属精密加工に携わって半世紀の経験と技術が可能性を実現
株式会社 塩野製作所
ニッチな市場で確たるポジションを捉える
三晃電気株式会社
エアリークテスターのリーディングカンパニー
株式会社 コスモ計器
一括一貫体制による「研究開発」・「試作」の総合支援企業
株式会社 菊池製作所
研究開発は諦めない気持ちが肝心。『毎日1ミリの階段をのぼりなさい』
株式会社 鬼塚硝子
開発・試作を手掛ける技術屋の誇り
株式会社 雄島試作研究所
常に新しい時代の夢の実現に挑戦!合成光学結晶の技術。
応用光研工業株式会社
次代のジャパンクオリティを切り拓く
株式会社 エイチ・エー・ティー
常に新しい技術への挑戦
アリオス株式会社
新しいモデルの試作などを叶える
株式会社 アスペクト
世界が頼る電子ビーム
&レーザー溶接加工!
東成エレクトロビーム株式会社
ベテランから若き匠が受け継ぐ技と心
千代田第一工業 株式会社
高精度の分析機器を開発
株式会社 ユニフローズ
脱・下請け、世界制覇を目指して
株式会社 大和テクノシステムズ
ナノテク業界の
オピニオンリーダー
株式会社 エリオニクス

エアリークテスターの
リーディングカンパニー


ジャパン・アズ No.1に導いた
リークテスト技術

株式会社 コスモ計器

戦後日本の高度成長を支えていたのが、日本製品の高い品質を証明し保証できるようにした、数多の中小企業が開発した画期的な技術。コスモ計器もそのような技術を開発した中小企業の一つ。同社の主力製品であるエアリークテスタ(空気漏れの試験)は自動車メーカーの悲願であった「水没させない漏れテスト」を実現。日本の自動車産業の検査組み立て工程において革命をもたらした。今回はそんなコスモ計器を訪ねた。


「水没させない漏れテストをしたい」という至上命題に挑戦した先代社長

古瀬 智之社長


「当社がエアリークテスタ(空気漏れの試験)を開発するまでは、どこもエンジンの漏れテストは全て水没させるしかなかったのです」と話すのはコスモ計器の古瀬社長。コスモ計器の創業は、日本の自動車産業の黎明期にさかのぼる。
古瀬社長の先代は、あるとき、計器メーカーの技術者であった頃に自動車メーカーの開発担当者から相談を受けた。それは「日本の自動車を海外メーカーと互角に戦えるようにしたい。そのためには、気密性の検査を今までのように一つ一つ水没させていたのでは手間もコストもかかってしまう。なにかいい方法はないだろうか?」という、当時としては極めて困難な課題だった。

しかし先代社長は引き受け、特注品として開発し、納入した。
しかし、計器メーカーでは製品化には至らず、エアリークテスタの将来性を信じた先代は独立を決意。より完成度の高いエアリークテスタ開発を目指して町田の自宅を工房に改造、地道な開発がスタート。悪戦苦闘の日々の中で積み上げた工業用計測技術は、やがて気密を要する部品や完成度の漏れ(リーク)を察知する検査技術として完成、国内初のエアリークテスタが誕生した。リークテスト技術を主力とするコスモ計器は、このような地道な技術開発への熱意から誕生した企業なのだ。


あらゆる業種・業界の製造現場でリークテスタ技術は活躍しています。


一方、自動車メーカーでは、水没させずに漏れテストができることで、大幅な時間とコストの両面での削減が可能となった。さらに、当時のエンジンは鉄製が主流であったために水没させることでさび等が発生するリスクを低減させることにもつながった。現在では自動車メーカー各社の生産ラインに、必ず装着されているエアリークテスタは、当時の日本の自動車産業に高い品質と量産化をもたらし、日本経済が高度成長へと向かうきっかけを創ったのだった。

「当社の売上の約6割は自動車メーカーおよび部品メーカーですが、その他では、ガス機器や医療機器、電子部品、電気機器や食品容器等の気密性・水密性検査にも採用されています。あらゆる産業製品の製造現場にリークテスタ技術は導入されているといっても過言ではありません」と語る古瀬社長。

それは、コスモ計器のリークテスタ技術が世界のトップクラスであり、しかも、漏れ検査においては、必ずコスモ計器に相談や発注があるということの証明でもある。

「CMでもよく知られている防水性の携帯電話も、多くの場合、当社が漏れ検査を担当しています。また、小さいものでは、2ミリ四方程度のクオーツ発信器の検査機器も開発しました。これは、当社が開発した特許技術を採用し、非常に精度の高い漏れ検査で全自動全数検査を行っているのです。最近のお客さまの要望によっては、モバイル機器の片側だけというのもありますし、電線をまたいで漏れ検査をしたいという要望もあります。その場合にエアをシールドする硬度の低いゲル素材も独自で開発しました。その素材は今度健康機器に応用できないかということで模索中です」(古瀬社長)。


世界で評価される企業の哲学、『技術の前には上下はない』


「国内で鍛えられた技術は、海外でも高い評価を受けています。特に当社の場合は、お客様の工場への納品した後の不具合や調整のために、スキルのあるエンジニアをお客様の工場の近隣に配置することが必要です。現在、国内は8営業所、4か所のサービス拠点、海外は11のサービス拠点を配置、順次拡大もしていく予定です」と語る古瀬社長。

営業戦略・販売戦略についても、エンジニアとして古瀬社長からはモノづくりの精神を大切にする姿勢が伺える。

さらに、「当社は、差圧計や空気作動弁等、製品の中枢となる部品は、全て自社で開発している技術開発型の会社です。したがって『技術』を探求する場面では、上司も部下も関係ありません。自由闊達な意見交換をするべきです。特に開発の現場では、若手の柔軟な発想が大切ですね。それとともに、何よりもモノづくりが好きで、腰を据えて物事に取り組むことができる社内の雰囲気を大切にしています」と同社が最近重視していることを話してくれた。

世界で評価される製品・サービスを提供できる企業には、明確な哲学というものが存在しているということがわかった。


モノづくり集団であるためには『石の上にも5年』は待とう


コスモ計器が求める人材、それは、常に探究心と向上心を兼ね備えたエンジニア。

「今の時代は、受験にしても試験にしても、性急に答えを出すことが求められているように感じますが、当社にそのような人材は、必要ありません。本当にモノづくりが好きであること、そして一つのことをとことんまで突き詰めていくことができる人に、入社して欲しい」と古瀬社長は穏やかな笑顔ではありながらも、熱を込めて語る。

一つの技術を習得し自分のモノとして、今度は新たな技術を開発するというサイクルでは、社長自身が経験則で、ある程度の時間は必要であると痛感しているからだそう。

「企業ですから利益を生まない人材を抱え込むことが許されるわけではありませんが、5年程度はしょうがないかなと考えています。モノづくりの現場は簡単には答えが出ないわけですから。本当にじっくりと腰が据えられる覚悟を持てる人材を求めているのです」(古瀬社長)。

同社がある八王子エリアは工業団地で、小ロット生産をするには、最適な場所。中小企業一社ではなかなか出来ない加工作業や部品の調達をサポートする企業が近隣に多数存在し、さらには大手企業の工場もあることから、人材の交流も盛んなのだ。このような環境は自然に発生してきたものとはいえ、コスモ計器にとって特にかけがえのない財産といえる。モノづくりをとことん愛する古瀬社長が率いるコスモ計器が手掛ける検査機器は、今日も大手企業の製造現場で活躍し、飛躍していくだろう。


先輩インタビュー

ようこそ、高みを目指す匠集団へ

杉村 直哉さん


三橋 翼さん




技術本部 デバイス開発室
杉村 直哉さん 三橋 翼さん

私たちが所属している技術本部 デバイス開発室は、エアリークテスタの新製品開発を担当しています。そのためには、高専や大学で学んできた専門分野以外も含む幅広い知識や技術を日々吸収しています。本当に、毎日勉強させてもらっているという感じです。

休日は、運動をしたりゲームを楽しんだりと仕事以外のことをしてリフレッシュする機会も多いのですが、その中で、「これはなんか今開発している製品につかえそう!」と閃いてしまうことも(笑)。学生時代には、気にしなかった文房具のデザインや使いやすさにも、自然と目が行くようになりました。そのことが、製品設計の際に、見た目が良くて工具が噛みやすいカタチであるか等、新たな視点を開発する製品に吹き込むことに役立っています。

当社のよさは、とにかくエンジニア冥利につきるような環境が用意されているというところですね。自分達が生まれる前から現役で動いているエアリークテスタが、お客様の工場から送られてくることがありました。歴史を感じるとともに、当社の基礎技術の高さに驚き、そのような企業で技術を学ぶことができることを誇りに思いました。また、先輩エンジニアが自分達のような若手に対して、懇切丁寧に技術指導して下さることもありがたいと感じています。

ようやく、入社して携わっていたプロジェクトが完成を迎えました。専門性が高く、しかも広範囲な知識・技術が求められる新製品の開発ではありますが、自分自身の成長を体感しています。モノづくりが好きな人、そして人同士のコミュニケーションを通じてより自身の成長をしたいと考えている方と仕事をしたい。エンジニア冥利につきる私たちが、今度はそのような環境を用意したい、そのように考えています。




この企業もオススメ!


株式会社フォトサイエンス光学技術で最先端の特殊な研究ニーズに応える実験装置メーカー
株式会社オプトデザインLED光を点から面に変換する技術を編み出し、世界中から注目を集める