東京都産業労働局|成功企業電子ブック
8/16

06株式会社南武の本社は、ものづくり企業が多く集まる、東京都大田区にある。ここには、高い技術力で特色のある製品を生み出している企業が少なくない。同社は、その代表的な企業だ。南武には、国内はもとより世界から、多くの人たちが見学に訪れる。〈会社概要〉創立/1955(昭和30)年4月 設立/1965(昭和40)年12月代表者/野村和史 所在地/東京都大田区萩中3-14-18 社員数/114名(日本国内) 電話/03-3742-7377(本社・代表) URL/http://www.nambu-cyl.co.jp企業情報ページを開くテレビ電話で野村社長と話す、タイ工場の責任者である吉富マネージングディレクター。2010年に中国・江蘇省に現地法人を設立した。2001年にアメリカの企業と技術供与の契約を結び、営業とメンテナンスの拠点を構えた。建設機材メーカーから転職し1年になる、営業部・小林さん。オーストラリアのユーザーから電話で注文を受けていた。 南武では、技術力の向上を図りながら、世界戦略の手綱も決して弛めない。「世界のマーケットが南武の製品を必要とし、待っているのです」と野村社長。同社は世界に通用する製品をつくると同時に、世界に通用する人づくりも決して怠らない。工場では時として英語が飛び交い、営業のフロアには、英語で書かれた注文書や問い合わせのファクシミリがひっきりなしに入ってくる。英語や中国語を話せる社員も少なくない。日本の工場が世界の拠点と、ユーザーにしっかり繋がっているのだ。世界に飛躍する、NAMBU4タイと日本では文化も違うので、いろいろと大変ですが、お互いの歩み寄りが一番大切ですね。南武のネイティブ英語教室!南武では10年ほど前から社内で外国人講師を招いて英会話教室を実施している。特に営業部門で働く社員の参加は必須で、1回2時間30分の講習が義務付けられている。早く海外で仕事がしたい!新しい分野へ、新規開拓をしたいと思っています。「英語が苦手でも大丈夫?」…語学研修制度で安心、実力向上!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です