モノづくり、ものがたり。

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

中小企業のあれこれ教えます

これまで大企業だけしか眼中になかったのですが・・・。
そもそも、中小企業はメジャーな存在なのでしょうか?

回答

日本の中小企業は、約420万社にのぼります。
全体の99.7%と、ほとんどの会社が実は中小企業。

中小企業は、我が国421万企業のうち99.7%を、従業者数においては7割を占めています。

日本の中小企業は、約420万社にのぼります。全体の99.7%と、ほとんどの会社が実は中小企業。

僕たち学生、生徒の中小企業への注目度は、
上がっているのでしょうか??

回答

大手企業志向が薄まり、半数以上の学生が中堅・中小企業に関心を向けています!

企業志向については、「やりがいのある仕事であれば中堅・中小企業でも良い」が最も多く、前年比6.1pt増の46.9%となった。「中堅・中小企業が良い」も前年比2.0pt増の8.1%となり、合計で5割以上の学生が中堅・中小企業へ関心を向けているという結果になった。

中小企業の収益率は、大手企業に比べて、
見劣りするものなのでしょうか?

回答

中小企業の収益性は、平均で大企業を下回るものの、
大企業の平均を上回る中小企業も24.8%存在しています。

会社の本業における収益性をあらわす売上高経常利益率は、中小企業の平均は1.8%と、大企業の平均3.2%を下回っていますが、最頻値では、大企業、中小企業ともに0%以上2%未満であり、大企業の平均を上回る中小企業も24.8%存在しています。

中小企業の収益性は、平均で大企業を下回るものの、大企業の平均を上回る中小企業も24.8%存在しています。

中小企業の特徴やメリットが分かりにくいのですが。

回答

「小回りが利く」「きめ細やかな対応が可能」が特に中小企業の
メリットとして認識されています。

中小企業であることのメリットとして、 「意志決定が迅速」、「小回りが利く」、「きめ細やかな対応が可能」なことなどが挙げられます。

「小回りが利く」「きめ細やかな対応が可能」が特に中小企業のメリットとして認識されています。

中小企業は日本経済において、
どのような貢献をしているのですか?

回答

中小企業が多くの付加価値額を生み出し、
日本の経済を支えています。

中小製造業は、製造業全体の約5割の付加価値額を生み出しており、特に食料品製造業、金属製品製造業、生産用機械器具製造業では、中小企業が多くの付加価値額を生み出しています。

中小企業が多くの付加価値額を生み出し、日本の経済を支えています。

中小企業の仕事は、
直接感謝されるものですか?

回答

中小企業の多くが、取引先から
「あなたの会社にしかできない」という言葉をもらっているようです。

中小製造業の5割超、中小非製造業の3割超が、取引先企業から「あなたの会社にしかできない」と言われたことがあると回答しており、取引先企業から、サービス、技術が高く評価されていることがわかります。

中小企業の多くが、取引先から「あなたの会社にしかできない」という言葉をもらっているようです。

中小企業では、
やりがいを感じて仕事ができますか?

回答

中小企業の社員も大企業と遜色なく
「やりがい」を感じて働いている。

10年間における仕事のやりがいの変化においては、大企業に勤める正社員に比べ、中小企業に勤める正社員の方が大きくなってきています。

中小企業の社員も大企業と遜色なく「やりがい」を感じて働いている。

友人が大企業から内定をもらいました。
やはり、中小企業に就職すると彼の給料にはかなわないのでしょうか?

回答

中小企業の労働者のうち2割が
大企業の平均賃金を上回る賃金を獲得しています。

賃金の総額では大企業のほうが多くなっていますが、正社員の賃金分布をみると、中小企業の労働者のうち19.5%が大企業の労働者の平均賃金を上回る賃金となっており、要は、あなたの頑張り次第です!

中小企業の労働者のうち2割が大企業の平均賃金を上回る賃金を獲得しています。

中小企業では、社員教育が充実していない
イメージがあるのですが。

回答

中小企業の多くが、計画的なOJTをはじめとした
社内の人材教育に注力しています。
※On-the-Job Training/具体的な仕事を通じての教育

「計画的なOJT」については、従業員規模が小さい企業ほど、実施している企業が少なくなるものの、その差は相対的に小さくなっており、従業員規模を問わず、力をいれていることが分かります。このように、中小企業の多くが、社内の人材教育に注力しています。

中小企業の多くが、計画的なOJT※ をはじめとした社内の人材教育に注力しています。

中小企業は、女性の活用には、
積極的ではないような印象があ るのですが?

回答

大企業に比べ中小企業の方がより高い割合で
女性正社員を活用しています。

規模別・雇用形態別に女性比率の推移を見てみると、大企業正社員に占める女性正社員比率よりも、中小企業正社員に占める女性正社員比率が高い割合で推移しており、中小企業の方がより高い割合で女性正社員を活用していることが分かります。

大企業に比べ中小企業の方がより高い割合で女性正社員を活用しています。

中小企業で仕事と生活の調和はできるの?

回答

半数以上の従業員が仕事と生活の調和が取れている。

大企業、中小企業共に、半数以上の従業員が仕事と生活の調和が取れていると考えており、規模間の差はあまり大きくはない。

半数以上の従業員が仕事と生活の調和が取れている。

中小企業は成果主義で社内の関係が
ギスギスしていませんか?

回答

中小企業の多くが、「経営者と社員、部門間の一体感・連帯感」を
最大の強みと考えています。

中小企業は、「経営者と社員、部門間の一体感・連帯感」「個別ニーズにきめ細かく応じる柔軟な対応力」「経営における迅速かつ大胆な意思決定能力」を強みとして多く挙げています。

中小企業の多くが、「経営者と社員、部門間の一体感・連帯感」を最大の強みと考えています。

中小企業では、 社長さんは私たちと
顔の見える距離にいるのですよね?

回答

規模の小さな企業ほど、経営トップが従業員と直接面談する機会を設けています。トップとの直接的なコミュニケーションが取りやすいのが中小企業の特長といえます。

経営者と従業員のコミュニケーションを活発に行うための取組として、「経営方針、事業計画等を従業員に説明する場を設けている」を挙げる企業の割合が高くなっています。

中小企業の多くは、社内のコミュニケーションが活発で、規模の小さな企業ほど、経営トップと従業員が直接面談する機会を設けています。